【乃木坂文庫 2019夏】とは??オススメ作品もあわせてご紹介!!

突然ですが、みなさんは
『乃木坂文庫』を知っていますか?


出典:https://twitter.com/


乃木坂文庫とは、女性アイドルグループ「乃木坂46」と「光文社」のコラボキャンペーンのこと!

このキャンペーンでは、光文社の小説を乃木坂46のメンバーそれぞれが1冊ずつ担当し、表紙カバーを飾っています♡

そこで今回は、
【乃木坂文庫 2019夏】
キャンペーン概要&オススメ作品
をご紹介していきます★

きっとお気に入りの1冊が見つかりますよ♪



◆キャンペーン概要


出典:https://twitter.com/


2019年夏のテーマは「青春」「ミステリー」

冒頭でも説明した通り、『乃木坂文庫』の表紙カバーには乃木坂46のメンバーがプリントされています♡

ただ、メンバー表紙の下には元の小説カバーもついているので、気分によって表紙を変えることもできちゃいますね♪

さらに、裏表紙をめくると、表紙のメンバーの”特別しおり“が♡

さらにさらに!!

表紙をめくった箇所に付いている応募券を集めて応募すると…

乃木坂46メンバーの「特製しおり」セットが、抽選で1000名様に当たっちゃうんです!!(*^^*)

これは手に入れるしかないですね♪



◆オススメ作品

■サクラ咲く/辻村深月(表紙:白石麻衣さん)


出典:https://twitter.com/


白井麻衣さんが表紙の「サクラ咲く」

本が好きな気弱な中学1年生の塚原マチが、
図書館で本をめくると落ちてきた謎の便箋。

そこから顔も知らない相手との文字での交流が始まります…。

2人の交流の結末がなんとも素敵なので、ぜひ読んでみてほしいです。

3作の短編集なので、普段あまり読書をしない方にも読みやすいと思います♪(*^^*)



■いつまでも白い羽根/藤岡陽子(表紙:与田祐希さん)


出典:https://twitter.com/


与田祐希さんが表紙の「いつまでも白い羽根」

主人公の木崎瑠美が大学受験に失敗し、不本意ながらも看護学校に進学。

憂鬱な毎日を過ごすところから物語が始まる。

ストーリーが進むにつれて、大切な友人に出会ったり、恋もしたり…。

生きる目的をみつけ、がむしゃらに生きる瑠美の青春物語です。

作者の藤岡陽子さんは、実際に看護専門学校を卒業している為、その描写はとてもリアル!

どんな道を歩むことになっても、自分の行動や気持ち次第で人生はきっと好転していく!

そんな風に信じさせてくれる素敵な物語です♪



■秘密の花園/バーネット(表紙:筒井あやめさん)


出典:https://twitter.com/


筒井あやめさんが担当する「秘密の花園」

両親を亡くした主人公のメアリは、引き取られた先で従兄弟のコリン、動物と話ができるディコンに出会います。

3人は荒れ果てた花園を見つけ、その花園を蘇らせることを決心します。

庭園の花が蘇るとき、一体何が起こるのか!?

こちらは光文社の古典新訳文庫というカテゴリーで、外国人作家さんが書いた昔の小説が日本語に訳されたものです。

海外小説に触れてみたい方にオススメの一冊です♪




いかがでしたか?

普段は小説を読まない方も、これをきっかけに小説の良さを感じてもらえたら嬉しいです♡

ぜひお近くの書店まで足を運んでみてください♪


出典:https://twitter.com/



●「乃木坂文庫 2019夏」特設サイト
https://honsuki.jp/nogizaka-bunko

●「乃木坂文庫 2019夏」公式Twitter
https://twitter.com/nogizakabunko19

はるメロン

メロンと大好きな音楽が生きがいの高校3年生、はるメロンです! 読者の皆さんと同じ目線で、共感できる記事をたくさん書けるように、頑張ります!少しでも、みんなのJKライフに花を添えられたらいいな♪
Twitter:@EMMARY_melon