読者プレゼントも!【玉城ティナさん×小関裕太さん】特別インタビュー!映画『わたしに××しなさい!』の撮影秘話をお聞きしました♡

今回は、6月23日に公開される話題の胸キュン映画
『わたしに××しなさい!』
に出演されている

\♡玉城ティナさん♡/
\☆小関裕太さん☆/



のお二人に、インタビューをさせていただきました(*^。^*)





“サイン入りプレゼント”のお知らせもあるので、最後までじっくり読んでくださいね♪

ちなみに、玉城さんも小関さんもEMMARY取材は2回目♡

1回目の記事もおさらいしておきましょう♪♪


映画『PとJK』にご出演!モデル・女優としても大活躍の“玉城ティナさん”にインタビュー♥︎《サインのプレゼントも!》
https://emmary.weban.jp/ikemen/20161229-3/


♡サインのプレゼントも♡【小関裕太】さんにインタビュー!映画『覆面系ノイズ』にご出演★
https://emmary.weban.jp/ikemen/20171121-2/


今回の映画『わたしに××しなさい!』は、ビジュアルが解禁された直後から「衝撃的すぎる!」と話題になりましたね!!!

それがコチラ…


出典:https://twitter.com/


刺激的で胸キュンな予感が漂うポスタービジュアル…♡

インタビューでは、このポスターについてもお話を伺いましたよ♪♪

それでは早速スタート!



◆作品について

――本作は、映画とドラマの両方で展開されていますが、それぞれの見所を教えてください。

小関さん
『この“わたしに××しなさい!“という漫画は、ちょうど僕の世代の女の子が“なかよし“を買って読んでいたんですよ!
みんなの憧れが、ちょうど10年くらい経って映画になって、同世代の人達がこの作品を観てくれるのかなって思うと「真っ向からやるぞ!」っていう“楽しみな責任感“がありました。
あのインパクトのあるポスターも見たら…ね。

「えっ…!?( ゚д゚)」ってなるか
「えっ…?o(*゚▽゚*)o♡」ってなるか…笑

色んな場所で貼られると思うので、ぜひそれも楽しみにしていてください。』


玉城さん
『ドラマ版と映画版でそれぞれストーリーの展開が違うんです。
ドラマ版は各キャラクターごとのスピンオフ的な作品で、1~4話あります。ぜひドラマ版を観てから映画版を観てほしいなと思います。
映画版は、原作に忠実です。私は、エクステをつけて眼鏡をかけて、“雪菜ちゃん“っていう装備をして撮影に挑みました。
とにかくミッションがたくさんあって…ポスターで小関さんは裸になっていますけど…(笑)
どうしてあんな事になっているのかも含めて、友達と一緒に観て盛り上がってほしいなと思うシーンがたくさんあります。
ぜひ、1つ1つの胸キュンシーンに注目していただきたいです。』




――小関さんといえば、『国民の後輩』とも称される癒し系のイメージがありますが、その命名について聞かせてください。

小関さん
『よく知ってるね!僕は“国民の後輩”って言われています(笑)
“タラレバ娘“の原作者の東村アキコさんとweb番組でご一緒させていただいた時に命名していただいたんです!
“後輩役“が多く、振り返ってみると自分でも素敵かもしれないって思ってTwitterで使いました!』




――そんな『国民の後輩』というイメージとは真逆の、腹黒い“北見時雨“を演じてみていかがでしたか?

小関さん
『“北見時雨”の生徒会長の顔は、自分も学生時代に学級委員長をやっていたので、そういう部分は過去の経験が生きたと思います!
ただ、“裏の顔“っていうのが…。

僕の私生活も腹黒いかもしれませんよ…?

なんてね!(笑)
でもそんな風に僕の素顔とかまで想像して楽しんでもらえたら嬉しいなって思います!』



小関さんの素顔が腹黒いなんて…!?
あの100万ドルの笑顔で微笑まれたらそんなこと全く思えませんよね♡(*´꒳`*)





――人気小説家のヒロイン“氷室雪菜“を演じてみていかがでしたか?

玉城さん
『雪菜は、良い意味ですごく漫画っぽくて個性的な女の子です。なので、原作をかなり参考にして役作りをすることができました。
映画は“雪菜らしさ“を大切にしながら振り切って演じています!
「雪菜ちゃんは多分声はそこまで高くないだろうな…」とか、口調は“~だ。“などの命令口調を意識しながら演じました。』

お人形さんの様に可愛らしい玉城さんの命令口調が観られるなんて〜!
普段の穏やかで女の子らしい印象とは異なる“雪菜ちゃん“の装備をした玉城さん、要チェックですよ♡






――玉城さん自身は“氷室雪菜“と似ているところはありますか?

玉城さん
『学校での立ち位置的なものが似ていると思います。中心にいるタイプではなかったので。
あと、雪菜は人間観察が趣味なんですけど、私も人間観察が好きなので…これって似ているかな?
人を見て「私と違うなぁ、おもしろ~い!」って思っています(笑)』




――本作のお気に入りのシーンをそれぞれ教えてください。

小関さん
『今思い出したんですけど「(玉城さんが)ドキドキドキドキッ♡」ってやるところあるよね?』

玉城さん
『そういえば、他の取材でも誰もそこについて触れられていないですね!(笑)』

小関さん
『あれは作品の色味になってると思います!最後のシーンもすごい面白いです!
めっちゃパターン撮ったんじゃないんですか?』

玉城さん
『たくさん撮りました!
後ろ姿も真横も全部。ちなみに夜中に撮ったんです。深夜ハイになっていてやりやすかったです(笑)』

小関さん
『ハイティナですね、ハイティナ。』

玉城さん
『“ゆぴな“の役もやっているので、そこにもぜひ注目してください!』

はてさて、一体どんなシーンなのか…

公開されたら、玉城さんと小関さんがお話されていたシーンを注目してみてくださいね!
すぐに分かると思いますよ〜(^^)/




――撮影中の休憩時間は、皆さんでどんなことをしていましたか?

玉城さん
『寛太くん(佐藤寛太さん)がずっと汗だくでした!』

小関さん
『寛太くんは、運動ばっかりしてたんですよ!
暑いのに「ちょっと筋トレしてきます!」とか「体育館空いてるんでちょっとバスケしてきます!」とか言って空き時間はすぐいなくなってました(笑)

葉山の別荘のシーンの撮影では、筋トレ部屋とかバーベキュースペースとか、野外ジャグジーとかがあったのですごく楽しかったです。
金子くん(金子大地さん)とゆりかごに揺られたりもしました。』

玉城さん
『筋トレは意味分からなかったですね(笑)
“霜月晶”ってキャラクターは全然「筋トレ!」という感じではないのに、本人は暇があれば筋トレ!でしたね。
それぞれが良い意味で、演じるキャラと普段の顔と全然違ったので、そのギャップも楽しめて面白かったです。』




――もし何か1つだけ“わたしに××しなさい!“と命令できるなら何を課しますか?

玉城さん
『ちょっとしたお願いをする時に使ってみるかもしれないです。例えば、「わたしのプリント取ってきなさい♡」とか。この映画を通じて「~しなさい!」って言い方が学生の間で流行ったりしたら嬉しいですね!』

小関さん
『僕は、「助手席に座りなさい!」かな。』

玉城さん
『ドライブの誘い文句ですか?』

小関さん
『僕としては助かるんですよね!
運転できる人が助手席に座ってくれると安心できるので(笑)誰かに座ってほしいです♪』

全国の高校三年生!
18歳のあなた!
今すぐ免許を取りに行きましょう!!
そして小関さんの助手席をゲットしましょう!!!






◆ご自身について

――高校生に戻れるなら何がしたいですか?

玉城さん
『わたし制服デートしたいです。良い意味でどこにでも行きたい!近所のファミレスとかでも素敵。
あとは普通にプリクラ撮ったりしたかったです。私は学生の早い段階から通信科に切り替えちゃったので、制服をもう少し着たかったなって思います。』

小関さん
『僕は文化祭で実行委員とかやりたいです。“あの頃だからできる“っていうような企画がしたいです。
ただ作るとかではなく、すごくこだわって楽しみたかったな~なんていつも思っています。
でも、その“やりたかったな“って気持ちをエネルギーにして色々挑戦してみると、卒業してからでも意外と何でもできます。』




◆最後に…

――EMMARY読者の女子中高生に向けてメッセージをお願いします。

玉城さん
『日々を楽しんでください!

大人や先輩から何か言われたりすると反発したくなることもあると思いますが、なんだかんだ大人や先輩が言う事って正しい部分があります。
自分のやりたい事と周りからのアドバイスをよく考えて将来を決めていってほしいなと思います。
この先何年、生きようとも、学校生活はたった一回きりなので、全力で楽しんでほしいなと思います。
“わたしに××しなさい! “を観てください♡』

小関さん
『最近、色んな事を全力でやらないといけないなって感じたんです。
決して手を抜いた学校生活ではなかったけど、「いつかやろう、いつかできる。」とか思うより、その時なりに全力でやって、それでも足りなかった部分を「これから頑張ろう」って思える方が良いかなって思います。
後回しにして生きるのと、その時を全力で生きるのでは同じ時間を過ごすのでもだいぶ変わると思うんです。
大人になっても“頑張り方が分からない”タイミングは必ずあります。面白いなって思った事は、手を抜かないでほしいな、ワクワクしてほしいな、って思います。』



玉城ティナさん、小関裕太さん
素敵なお話をありがとうございました♡♡



撮影裏での皆さんの思い出トークや気になる見所ポイントもたくさん伺うことができました!

今回のインタビューでお聞きした内容を思い返しながら、映画を楽しみたいと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



映画『わたしに××しなさい!』6月23日(土)から新宿バルト9ほか全国公開です!!!

■映画『わたしに××しなさい!』公式サイト
http://batsu-shina.jp/index.html

■映画『わたしに××しなさい!』公式Twitter
https://twitter.com/batsu_shina


そして…!EMMARY読者限定プレゼントのお知らせです♪

【玉城ティナさん&小関裕太さんのサイン入りクリアファイル】



を抽選で3名様にプレゼント!


■当選人数■
3名様

■応募締切■
7月8日(日)終日

■当選連絡■
プレゼントの発送をもって、当選とさせていただきます。

応募は締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました!







  • ▼高校生のためのバイトアプリは、「an」があんじゃん!

ちゃんふ〜

高校3年生。座右の銘は『イマを後悔しないように全力で!』 EMMARY読者のみんなが知りたい素敵なトレンドを随時発信していきます♫
Twitter:@emmary_f