☆結成5周年!!☆【ベリーグッドマンさん】にインタビュー<前編>!!新曲の歌詞に込めた想いとは?

今回インタビューさせて頂いたのはEMMARY5回目の登場となる

\♡ベリーグッドマンさん♡/



EMMARYのことを覚えてくださっていて、とても嬉しかったです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


今回の記事は、前後編に分けてお届け!

<前編>
◆新曲について
◆お仕事について

<後編>
◆プライベートについて
◆EMMARY読者へのメッセージ



それでは、インタビューSTART♡♡


◆新曲について

――ニューシングル『ライオン(2018 New Ver.)』について、前作の『ライオン』からどのような曲に生まれ変わりましたか?

Roverさん
『2018年バージョンでは、伴奏がバンドになっています。オーケストラの弦楽器が入ったりして非常に人間らしい“New version”になっていると思います。
あと、2年経った今でも歌い続けている曲なので、深みや言葉の重みを感じながら歌えているんかな~と、そういう違いがあると思います。』



――注目ポイントも教えてください。

Roverさん
『注目ポイントは、“2年経って何故改めてこれを出しているのか”というところに着目してほしいです。

僕達は、この曲で戦ってきました。「この曲は僕達の武器なので、改めて紹介させて下さい!」っていう気持ちです。
本当に負けない気持ちで頑張って来て、5周年という節目も迎え、今まで応援してきてくださったファンの皆さんに「僕らはライオンの気持ちなんだ」と伝えたいです。今から聴いてくれる人達にも、俺達の代表曲はこの曲なんだという意味を込めています。』



――新曲『ドリームキャッチャー』について。アニメ「メジャーセカンド」オープニングテーマとして、作品を読んでから作詞作曲をされたとお聞きしましたが、制作するにあたって1番意識した事はありますか?

MOCAさん
『主人公はキャッチャーとして野球を始めて、父親はメジャーリーガーの凄いピッチャーで、それを常に比較されて、野球を辞める…。
そこを自分達と照らし合わせています。自分も音楽を始めたけど、25歳までにパッとせえへんかったら音楽辞めろって親に言われてきて、その時の自分の心境と置きかえて歌詞を書きました。
なので、読みすぎてそのシーンに当てはめようという訳ではなく、1話にピッタリハマるような感じに作らせて頂きました。』

ベリーグッドマンさんのお2人も学生時代に野球やソフトボールをやっていたそうですよ!! ( °∀° )/



――新曲『ドリームキャッチャー』のイチオシ歌詞や聴きポイントを教えてください。

MOCAさん
『「1人じゃない」っていうところですね!
実は、「1人じゃない」ってフレーズは、“J-POPにありがちな人気ランキング”1位に上がるくらいなんだけど、それをあえて使ってみました。
分かりやすく使って落とし込みたいという考えがあったので、特に夢を追っている皆さんにはそういうところに注目して欲しいです。』

Roverさん
『考えすぎると、よく分からない世界観になってしまう場合もあったし、しかも今回はこの「メジャーセカンド」というアニメと一緒に走っていくわけで。

今メジャーリーグに行かれてる前田健太さんも「メジャー」を実際観ていたらしいんです。

つまり、将来、前田健太さんのようになる子が観ているかもしれない!って時に難しい言葉で詩的にかっこよく言うよりは、ありきたりな言葉でも自分達の実体験を含めたら、すごく伝わりやすくなるってことを僕達は知っているので、こういうどこでも耳に入れられるような言葉でどれだけ勝負できるか』

Roverさん
『ドリームキャッチャーなので「夢を掴む日まで~」ってところが僕の中で1番に伝えたいフレーズです。
「夢を語った」とか「でも君とまた走り出そう」とか、全てに繋がるんです。
ほんまに、“夢を掴む”っていう事を意味したいと思っているので、そこを感じて欲しいです。』

ベリーグッドマンさんの歌詞は、いつもストレートなイメージが強かったので、今回いつも胸に響く歌詞を作る過程を知れて良かったです!





――新曲を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

MOCAさん
『絶対聴くんじゃねーぞ!!!(笑)』

Roverさん
『ロックシンガーかよ!!(笑)
いいなと思ったらでいいので、夢に向かって頑張っている友達や家族、知人におすすめして広めてもらいたいなと思いますね!』

MOCAさん
『この曲を聴いて、夢を追いかける事や頑張っている事ってダサくないんやって思ってもらえたらいいですね。
今夢が見つかっていても見つかっていなくても、夢を追いかける事の素晴らしさをこの曲を聴いて感じてもらえたらなと思います!』




◆お仕事について

――普段どんな時に曲や歌詞が思い浮かぶのですか?

Roverさん
『僕の場合は、パッとは思い浮かばないですね。何かいいフレーズがあったらメモしてるんですけど、書こうと思った時に書けるように日々貯めておく感じです。
1人の時に引っかかって来ることが多いです!1人の夜とか1人の朝とかテレビを観ている時とか。』

MOCAさん
『酔ってる時に思い浮かびますねぇ!!無性に表現したくなるんです。頭の中でミュージックビデオも完成してて、ちょっと泣きそうになるんだよね(笑)でも次の日聴いてみると散々で…。』

Roverさん
『わかるで!!酔ってたら自然と出てくるんだよね!でも、1番意味無いものが出来上がる(笑)』

楽しい曲を作る時には自分達のテンションが上がっている時なんだそうです!!
どおりで聴いているこちらもテンションが上がるわけですね!!!(><)



――ズバリ次に作りたい曲のイメージは、ありますか?

MOCAさん
『ドライブ曲は作りたいですね。』

Roverさん
『バックグラウンドミュージックやな!』

MOCAさん
『“面白い曲”ってところにヒントを感じてて、みんながハッピーになるような曲を作りたいなって思っています。

メッセージソングを歌っているのと、その真逆をやって「あいつらアホなんや!」ってなるところのいいバランスの曲が出来たらいいなって思ってます。』

新曲がとても楽しみですね!!
このインタビュー記事を見た人にしか、分からない新曲のヒントですよ( ´-` ).。oO



――もうすぐ夏ですが、ベリーグッドマンさんの中で「夏こそ聴いてほしい!」というオススメ曲は、ありますか?

MOCAさん
『日によって変わるんですけど、夏に聴いてほしい曲は「Color」っていう曲です。
2年前の曲なんでけど、オッサンになってきて、あの頃の僕達元気やったなって思うんですよ。』

Roverさん
『わかるぅ!』

MOCAさん
『今日、仕事行く時に聴きながら来たら元気を貰えたんです。レーザービームとか、よくわからん事言ってるんですよ(笑)』

Roverさん
『僕はやっぱ「One Love」って曲ですね。めっちゃいい曲なので聴いてください!』

ベリーグッドマンさんは、普段あまりご自身の曲を聴かないようですが、たま〜に自分の歌っている箇所を聴いて、最新のレコーディング曲と比較して、昔と今の歌い方の変化を感じたりするそうですよ!(><)◎





――それぞれご自身の中で影響を受けたアーティストさんは、いらっしゃいますか?

MOCAさん
『高校生では“Def Techさん”ですね!
学生時代どっちかというと、ハッピー野郎で、悩みがあっても落ち込まないタイプでだったんですけど、「さぁここからどんな人生にしよう」って進路で悩んだ時に、Def Techさんに励まされました。自分のやりたい音楽をやってみよう!っていう気を持てたので、ありがとうって言いたいです。』

Roverさん
『ずるいかもしれないですが、「We Are The World」。そこには、スティービーワンダー、マイケル・ジャクソンもいて、海外の曲めっちゃかっこいいなぁって思います!
自分以外の全ての人から影響を受けています。』

確かに私も、自分以外の全ての人から影響を受けています!!とても共感できました!!



前編は、ここまで!!

制作面について、今回のインタビューでしか聞けない貴重なお話をたくさんしていただきました(^O^☆♪



『ライオン(2018 New Ver.) / ドリームキャッチャー』8月15日リリースです!


◼️ベリーグッドマン 公式サイト
https://berrygoodman.com/

◼️ベリーグッドマン 公式Twitter
https://mobile.twitter.com/berrygoodman88



後編では、お二人のプライベートについて、さらに読者プレゼントのお知らせもあります♡

ぜひ読んでくださいね!


☆結成5周年!!☆【ベリーグッドマンさん】にインタビュー<後編>!!夏の思い出に大爆笑www
https://emmary.weban.jp/entertainment/20180820-2/





  • ▼「EMMARY」最新情報も受け取れる!アルバイトニュース「an」会員に登録しよう♡

あみのサン(JKライター研究生)

女子高校 2年生 あみのサンです☺ 読者の皆さんが、ずっと見ていたいと思うような記事を沢山書きたいと思います!! 自分らしさを全力で活かし 心美人になります! よろしくお願いします♥
Twitter:@0oo0am1