《前編》【広瀬すず】さんにインタビュー♥ 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』にてヒロイン“及川なずな”の声をご担当!

こんにちは、さやぴです!

毎回大好評のEMMARYインタビュー企画!!


これまでも今をときめく方々に
インタビューさせて頂いてきましたが、

今回ついに!!

誰もが知っている“あの方”
インタビューさせていただいちゃいました♡!!



2017年8月18日に公開したばかりの…

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

ヒロイン“及川なずな”の声を担当されている






\ ♥広瀬すず さん♥ /



今回は、【前編】【後編】にわたるロングインタビューです(^^)/♡

【前編】では映画の見所や収録時の裏話をたっぷり聞いちゃいました★

※【後編】はコチラから♡

http://emmary.weban.jp/ikemen/20170822-2/




それではスタート!



◆映画・お仕事について


――声優のお仕事は映画『バケモノの子』に続き2回目ですが、お話を頂いた時どんなお気持ちでしたか?

広瀬すずさん
『前回は台本を読んでいると一気にファンタジーの世界に引きずり込まれていく感じでした。
それと比べて今回は、現実世界との違いをあまり感じず、なずな達の会話のリズムや話している内容がびっくりするくらい簡単にスッと自分の中に入り込んできて、とても気持ちが楽でした。』

また声優のお仕事をやりたいと願っていて、今回のなずな役のお話を伺った時は、ガッツポーズをしてしまったというすずさん!!(笑)

バケモノの子では、自分以外のキャラはバケモノだったため、今回は全員が人間ということにとても新鮮味を感じたそうです。



――初共演の菅田将暉さん・共演は2度目の宮野真守さんとお会いしてみていかがでしたか?



広瀬すずさん
『菅田さんは「天才肌だ!」と思いました。
声の仕事は初めてで全然分からないって仰っていたんですけど、いざ収録が始まると「なんでもこい!」みたいなドンッとした構えがありました。
「分からなくても自分で作り出してみせる!」という姿勢で臨んでいて、そんな人今まで見たことなかったのでとても刺激的でした。
菅田さんのその姿を見て、置いて行かれないように自分も頑張ろうと必死でしたね。
収録現場には、いつも美味しいものが置いてあったので、休憩中はよく2人でもくもくと差し入れを食べていました(笑)

宮野さんとは、最初の収録でご一緒しました。
周りを巻き込む空気感は本当にすごかったです。
なずなが持つ世界観となずなから見えている景色を一気に掴むことができたのは、宮野さんのおかげです。宮野さんの“存在”そのものが私の助けになってましたね!
実は、最初の収録でしかお会いしていないのですが、あの空気を思い出しながら、なずなに息を吹き込んでいきました。』

今大活躍中の若手俳優・菅田将暉さんと大ヒットアニメに数多く出演している声優・宮野真守さんという超豪華なキャスト陣!

プールでの3人の掛け合いは、すずさんのお気に入りシーンだそうなので大注目ですよ(*´꒳`*)






――劇中では、すずさんの素敵な歌声も披露されていますが、どのような心境でしたか?

広瀬すずさん
『どうしましょう…(笑)って感じでした。
映像ができた時は、「こんなファンタジーな世界になるんだ!」と驚いたのと同時に素敵なシーンになって嬉しかったです。』

すずさんの綺麗な歌声を聴いて、私は鳥肌がたってしまいました…。
歌に合わせて映像が変わっていくシーンは必見です!



――劇中では時間を巻き戻す不思議な玉を使うシーンがありましたが、もしすずさんがあの玉を使うとしたら何をやり直したいですか?



広瀬すずさん
『もう、いろいろとやり直したいです(笑)
今まで、自分の道を自分で決めたことがないんですよ。
人数合わせで始めたバスケも、断ることができないまま結局8年も続けていましたし(笑)

周りから「東京の高校にしたら」って言われた時も、自分の中では反抗していたのですが表に出せず、大学も行く準備ができないまま卒業してしまいました。
なので、バスケを始めたところからやり直したいです!(笑)

今でも自分が「これがいい!」と思ってもそれを言う勇気が持てず、流れに流されながら全てに身を任せている感じです…。
でも今こうしている時間は、流され続けてきた結果としてあるものです。
NOと言っていたら絶対経験できていない事が沢山あるので、結果的にはこれで良かったかなとも思うし、でもどこかで“イヤ”と止める勇気も必要だったと思っています。』

すずさんと言えばバスケのイメージが強いですが、
始めたきっかけが人数合わせだったとは…(゚д゚)!

でもそこから8年間も続けることができるなんてすごいですよね…。
流されたとは言え、望んでいないことを継続できるのは、すずさんの強さなんだと思います!
後で後悔しないように、言いたいこと言う、やりたいことをやるのは、時には必要だと学びました!



――今回1番苦労したシーンや難しかったシーンはどこですか?

広瀬すずさん
『母親に連れ戻されるシーンの収録は、なんとなくペンで描いただけのような絵に声をあてて録ったのですが、タイミングがなかなか掴めず苦戦しました。

こんな動きをした時にこんな息遣いになるんだとか、そういうイメージで声を出すんですけど、それができなかったので、とても難しかったです。』

イメージを膨らませて声を出すって難易度が高そうです…∑(゚Д゚)




――すずさんのお気に入りのシーンを教えてください!

広瀬すずさん
『プールのところも好きだし、電車の中と電車から降りて石をポンポンポンと渡るシーンもお気に入りです!
これは映像も本当に美しくて…!
あまり詳しく言うと面白みが減ってしまうので、
ぜひ劇場で観てほしい!♡』

私も電車のシーンはとっても印象に残っています♡
いつものすずさんとは違う、少し色っぽい声にも
大注目ですよ◎



――モデル・女優・声優など、さまざまな場面でご活躍されていますが、これから挑戦してみたいお仕事はありますか?

広瀬すずさん
『番組で女優さんが司会をやられている姿をみると、自分もやってみたいなと思うことがあります。MC経験がないので…。
今すぐは無理でも、大人になったらトライしてみたいです。』

同世代からだけでなく幅広い年代から人気のすずさん。
そんなすずさんがMCをされる番組ができたら私はゼッタイ観ちゃいます♡”
近いうちにお話がきたりして…
今から楽しみにしています(*´ー`*)



――映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の見所を教えてください!



広瀬すずさん
『ポスターやチラシでは、サラッとした絵をしているんですけど、映像で観ると絵のタッチが“どくっ”としていてこれぞアニメーション!という感じがします!
漫画からそのままでてきたような印象を抱きました!

画面の中で動く“なずな”の姿を観て、今までで一番ファンタジーを感じたし、「なずなってこんな子だったんだ…」って再認識しました。

打ち上げ花火の音も、ドラマではなくあえてアニメーションでやる面白さがあるし、一つ一つの色にも芸術味があって本当に美しかったです。

同世代の方はもちろん、ちょっぴり大人の世代の方々でも楽しめるし、感じるものもたくさんあるのではないかなと思います。
今までにないアニメーション映画だと思うのでぜひ劇場へ観に行っていただけたらと思います。』



前編はここまで!

インタビューの【後編】ではプライベートについても語ってもらいました♪

さらに!
後編には『サインのプレゼント』も♡

気になる【後編】はコチラから♡
http://emmary.weban.jp/ikemen/20170822-2/





【映画情報】
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
8月18日(金)から大ヒット公開中!


©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

■公式HP
http://uchiagehanabi.jp/

■公式Twitter
https://twitter.com/uchiage_movie


■女子高生のためのバイト探しなら「EMMARYバイト by an」!!

さやぴ

テンションの差が激しい高校3年生。画像加工をすることが好きです♪ 何度も読みたくなるような記事を書いていきます(⊃´-`⊂)
Twitter:@emmary__