♥モデル・女優としても大活躍中!映画『ひるなかの流星』主演 ”永野芽郁” さんにインタビュー♥︎<サインのプレゼントもあります♪>

こんにちは、さやぴです!

今回は私の中で注目度No. 1女優のあの方にインタビューさせていただきました ♡!!


2017年3月24日公開
映画『ひるなかの流星』
主演 ”与謝野すずめ”役を演じられている
\ ♥︎永野芽郁 さん♥︎ /



私達と同世代、高校2年生の芽郁さん!
映画についてや、オススメファッションアイテムなど色々聞いてきました!



(´-`).。oO ( さっそくSTART )


《映画について》

――今回、この映画のお話を聞いた時はどんな気持ちでしたか?

芽郁さん:
『最初はオーディションという形で監督とお会いし、台本をもらったんです。
オーディションでも楽しく面白い役を演じることができたので、実際に主演に選ばれた時は本当に嬉しかったですね~(*’ω’*)
もちろん人気の原作でもあったので、一生懸命やらないと色々大変だろうな…という気持ちもありました。』

芽郁さん映画初主演おめでとうございます♡
ライター全員で拍手をしたところ芽郁さんは”なにこれ〜!(笑)”と
普段受けていらっしゃるインタビューとは違う様子に笑いが(笑)


――すずめと芽郁さんが”実際に似てる”ところと”逆に全然違う”ところはありましたか?

芽郁さん:
『すずめと自分が似ているところは、少し不器用だけどサバサバしているところだったり、やると決めたことを一直線にやるところ!
似ている部分も多かったので、共感できることもとても多かったです。そういう意味ではすごくやりやすい役だったなと思います。
逆に似ていないところは、喜怒哀楽がわかりづらいところです。
すずめは原作を読んでいても喜怒哀楽がわかりやすそうでわかりづらいなと思うのですが、私は「楽しい時は楽しい!」ってすごくわかりやすいタイプなの感情表現は抑えめにお芝居しなきゃいけないのは難しいところでした。』

とってもサバサバしていて話しやすい芽郁さん!
すずめと同じ高校2年生で、環境も性格も似ているのでとても役に入りやすかったそうですね♡


――撮影中の失敗談や面白エピソードはありますか?

芽郁さん:
『撮影の合間にすぐ寝ちゃうんですけど(笑)
本番行かなきゃいけないのに、若干寝ぼけた状態でセリフがうまくでてこなくてよく噛んだりしていました(笑)
「あ、言えない( ゚Д゚)!!」ってことが多くて周りには申し訳なかったですけど、そんな自分がちょっと面白かったです(笑)』

起きてすぐにしゃべると確かに口が回りませんよね…(笑)
ちなみに、噛んでしまった時は「ちょっと〜しっかりしてよ〜!」とみんな笑いながらツッコんでくれたそうです^^
とても雰囲気のいい撮影現場の様子が想像できました♡”


――共演者の方との撮影中のエピソードはありますか?



芽郁さん:
『三浦さん(獅子尾先生役)が、一緒のシーンの時に肩がすごく凝っていて「肩を3分揉んでくれたら300円分のおかしを買ってあげる」と言われたので、肩をトントンして一緒にコンビニに行っておかしを買って撮影の合間に食べていました(笑)』

なんて和むエピソード!!!(笑)
2人でコンビニに行くなんてとても仲良し(´꒳`*)
買ってくれた三浦さんもさすが…優しいですね…!


――実際に芽郁さんなら”馬村”か”獅子尾先生”どちらを選びますか?

芽郁さん:
『馬村!!
馬村は、他の同級生や女の子には見せない笑顔を見せたり…
すずめの前だけでは自然でいて特別感があるし、実際に自分が好きではない人でもそうされたらもっとその人の表情とか行動とか色んなことを引き出したいと思っちゃう!♡』

質問をして秒で馬村のお答えが!!(笑)

「ちなみにみなさんはどっち派ですか?」と逆インタビューもされ、ライター4人のうち芽郁さんと同じ馬村派は私も含め2人、獅子尾先生派も2人という結果でした!

”なんで先生なの〜〜!”など、女子トークでとても盛り上がった質問になりました♡”
みなさんも映画を観た後はこの話題で盛り上がること間違いなしですよ〜(´-`)♪


――どんな男性がタイプですか?♡



芽郁さん:
『あんまりしゃべらない人!
しゃべる人もかっこいいし、みんなの輪の中心にいる人も素敵だなと思うけど…ギャップに萌えやすいんだと思います。
学校では女子としゃべらないし男子も固定された人としかしゃべらないけど、たまたま帰り道会った時にめっちゃしゃべってくれるみたいな…”あれ、私だけ?!”っていう特別感が大事だと思います!』

まさに馬村がぴったりですね♡(笑)
確かに、自分にだけしゃべりかけてくれたりしたら嬉しくてそのギャップ差にやられる子も多いと思います(´-`*)


――芽郁さん的1番の胸キュンシーンはどこですか?

芽郁さん:
『胸キュンがいっぱいありすぎて迷うなあ(笑)
馬村がすずめを抱きしめるシーンに全部がつまってる感じです。キュンともしたし、切なくもあってこのシーンはとても大事だと思います。
すずめ的にも色々弱っている時に「お前、俺のこと好きになればいいのに。」というセリフを言われて、その時の馬村の声がすごく優しかったの!
その優しい声で泣いた部分もあって、そこで馬村の存在が先生よりひとつ飛び抜けて安心できる大事にしたいと思えるようになったんです。
そのシーンは色々変化する瞬間なのかなと思います。
あと、地面に馬村を押し倒すシーンがあって、原作ですずめの体のラインがとても綺麗に描かれているんです!
だから、それをできるだけ真似しようとしてめちゃくちゃ腰を落としてやっていました(笑)』

映画ではいつでも馬村と獅子尾先生どちらかに恋しているすずめなので胸キュンシーンがとても多かったそうです ♥︎
予告にもある、先生に手を振られて照れて顔が熱くなるシーンは誰もが共感できるのでは…(*´︶`*)
ちなみに原作に少しでも近づけようと、押し倒すシーンで腰を落としすぎて筋肉痛になったそうです…!!笑


――映画「ひるなかの流星」の見所を教えてください!



芽郁さん:
『すずめが田舎から東京に出てきて、初めて恋をして初めて失恋をして女の子らしく変わっていったり、恋愛だけじゃなくて成長だったり、ゆゆかちゃんとの友情だったり…
色んな要素を詰め込んだ作品になっているし、みんなが必ずひとつは共感できる部分がある作品だと思うので、若い子から少し年上の方まで楽しんでもらえると思います!』

原作ファンの方も、そうでない方も必ず楽しめる作品になっていますので、ぜひ劇場へ足を運んでみてください!♡

■映画「ひるなかの流星」公式HP
http://hirunaka.jp/



《プライベートについて》

――お休みの日はなにをして過ごしていますか?

芽郁さん:
『友達と遊んでます!地元の中学の友達も、高校の友達も仲が良くて毎日連絡取っていて、2時間とかしか会えなくても会ってるし…(笑)
「休みの日なのに疲れないの?」とか言われるけど、友達に会うのが1番リラックスするから時間があればすぐに会いますね。
古着が大好きだから見に行ったり、友達の家でダラダラして映画見て寝たりノープランで集合して遊んだりします。』

大活躍中の芽郁さんも私達と同世代の高校生!
友達と会うのが1番のリラックスになるのはみんなやっぱり同じなんですね… ♪
芽郁さんの誕生日にはロッカーサプライズをされていてとっても仲の良さが伝わってきました♡
ちなみに遊んでいる時は変装をしないということでとても驚きました!!!


――最近のお気に入りのファッションアイテムを教えてください!



芽郁さん:
『今はすごくゆるい大きめのシルエットが流行っていて、春は逆にピッタリと体のラインに合った服が流行るとどこかで耳にしたので、ちょっと先取りして引き締めベルトとかを使ったコーディネートをしたいなと思っています。』

なるほど…_φ(・_・
seventeen専属モデルとしても活動している芽郁さんがこの春に向けての流行りを教えてくれたのでぜひ私も参考にします…(笑)
この日の衣装もとってもカワイイ♡


――中身と外見のギャップはありますか?

芽郁さん:
『ものすごくサバサバしている!あと、料理が苦手!あっ、見えるか…(笑)
なんだろう…スカート履かないとか!いつもジーパンかスエットです。衣装とかではスカートとか履かせてもらうけど、普段はスカートに合ったコーディネートがいまいちよくわからないです…。』

サバサバしているのも意外でしたが、スカートを履かないというまさかの事実!(笑)
学校の男子の制服にも憧れるそうです…(笑)


――残りの高校生生活1年でやっておきたいことはありますか?

芽郁さん:
『学校帰りに制服で食べ歩きがしたい!クレープとかより焼き鳥食べたいっていう感じのなので、オシャレなカフェとかはあまり興味がないです(笑)』

ピンクよりは落ち着いた茶色が好き!などここでも意外なお話をたくさん聞くことができました ^^


――最後にEMMARY読者に一言お願いします!



芽郁さん:
『(映画 ひるなかの流星 について) 実際に高校2年生の私が演じていて、本当にリアルに起きそうで起きないようなギリギリの胸キュンがいっぱい詰まっている作品です!
これを観たら恋をしている人はもっとこうなりたいという欲が生まれると思うし、していない人も恋をしたくなると思うし、恋に関しての思い出が一気に蘇ると思う!
女子みんなで、男子みんなで、もちろん男女でも…
観ながら目隠してキャーキャーしたり、ある種の青春を送ってほしいなと思います!』

胸キュン度200%なのでキュンキュンしまくりましょう!(笑)
すずめと同じ高校2年生の芽郁さんのリアルな演技にも注目ですね ♪


私自身応援していることもあって、とても幸せな時間でした!(笑)

芽郁さんはとってもフレンドリーで話しやすく、ライターともすぐ打ち解けてくれて笑いが絶えない楽しいインタビューをすることができました (´-`*)

そしてTwitterやInstagramのコメントは全て読んでいるんだとか…!!!
そんなファン想いな芽郁さんから2017年も目が離せませんね ^^♥︎


永野芽郁さんありがとうございました♡


ここで、とっても素敵なプレゼントのお知らせです☆彡

【永野芽郁さんのサイン入りEMMARYクリアファイル】
3名さまにプレゼントしちゃいます♡♡♡



応募は締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました!



■女子高生のためのバイト探しなら「EMMARYバイト by an」!!

さやぴ

テンションの差が激しい高校3年生。画像加工をすることが好きです♪ 何度も読みたくなるような記事を書いていきます(⊃´-`⊂)
Twitter:@emmary__