あの大ヒット映画『クローズZERO』が【劇団番町ボーイズ☆】により舞台化!☆公開記者発表会に潜入取材してきました!!

小栗旬さんをはじめとした今を時めく俳優陣が総出演し、観客動員190万人、興行収入25億円の大ヒットを記録した映画『クローズZERO』

その上映から10年を迎える今年…

個性派演劇集団『劇団番町ボーイズ☆』による舞台『クローズZERO』が上演決定!!

今回はファン約100名を前に行われた、
公開記者発表会に潜入してきたので
そのレポートをお届けします☆

今回の発表会には、劇団番町ボーイズ☆から
松本大志さん、堂本翔平さん、二葉勇さん、千綿勇平さん、安井一真さん、菊池修司さん、砂原健祐さん、籾木芳仁さん、西原健太さん、番町ボーイズ☆候補生の織部典成さんが登壇!

今年数多くの映画、テレビ、舞台に出演し、ネクストブレイクを期待される彼らの『クローズZERO』への意気込みや、裏側のトークをたっぷりとレポートします!


【舞台への意気込みは??】

■滝谷源治 役:松本大志さん



『僕が演じる滝谷源治は、喧嘩に絶対的な自信があり、喧嘩でしか相手と語り合えない不器用な男です。
映画版で小栗旬さんが演じていたのが、すごく印象に残っています。でも、演出家の山田さんと話し合って、小栗旬さんに負けないくらい自分なりの滝谷源治を愛を持って演じていけたらなと思いますので、皆さんどうか楽しみにしていて下さい!』

本公演の主演を務める松本さん。
現在、日本テレビ『PON!』のお天気お兄さんとして爽やかな笑顔を見せてくれています♡
そんな普段のイメージとは一転、“最凶の転入生”滝谷源治をどのように演じられるのか見ものです!



■芹沢多摩雄 役:堂本翔平さん



『芹沢は滝谷源治と対象的で、喧嘩が強いのはもちろんですが「人間力の強さ」を持っています。
「コイツなら絶対について行けるな」って言われるような人物を描けるように役作りしていきたいです。
映画に負けないくらい、舞台ならではの良さが出る作品にしたいと思いますので、よろしくお願いします!』

“百獣の王”として、滝谷に立ちはだかる芹沢多摩雄を演じる堂本さん。
リアルな汗や、涙。舞台でしか感じられない部分を見せたい、と意気込んでいました◎



■戸梶勇次 役:二葉 勇さん



『戸梶勇次という役は、切れ者でクールな役です。
映画版で遠藤要さんが演じられていた時はかっこよくてクールなキャラクターだったのですが、舞台版では僕の今までの役柄を活かした、舞台版ならではの戸梶を届けられたら良いなと思っています!』

大阪出身で明るく、話上手な二葉さん。
クールな戸梶とどんな化学反応を起こし、新しい世界を見せてくれるのか、楽しみですね!



■三上 学 役:千綿勇平さん



『僕が高校生の時に、映画「クローズZERO」のシリーズ1が上映されていたのですが、三上兄弟という存在がとてもインパクトが強くて、イメージに残っている役だったので、一真(安井さん)と二人で愛される三上兄弟を演じていけたらな、と思っています。』

キリリとした眉毛が印象的な千綿さん。
ビジュアル撮影の際にメイク後の眉毛が消え去った自分を見て「誰だこいつ!」と驚愕したそうです(;゚Д゚)



■三上 豪 役:安井一真さん



『僕の言いたいことは兄さん(千綿さん)が全部言ってくれたのですが、三上兄弟は劇中の「ムードメーカー」的存在だと思っています。
僕達二人が出てきた時に、少しでも面白いなって思ってくれたら凄く嬉しいです!
精一杯頑張ります!!』

「生まれてこの方悪い事をしたことが無い。」と語った安井さん。眉間にシワを寄せて生活をしてみたり、怒号を出す練習をしたりと、コワさを出す努力を日頃から行っているようでした(笑)



■筒本将治 役:菊池修司さん



『僕の役は芹沢軍団のなかで唯一の2年生なんです!
ビジュアル的には派手な髪型ですが、可愛らしさや人懐っこさを前面に出しています。
その立ち位置を活かして、愛してもらえるような芹沢軍団を作っていきますので、よろしくお願いします!』

筒本のポジティブキャラとは反対に、ご自身はネガティブだという菊池さん。
稽古場や食事の場でも明るく振舞おう!と役作りに励んでいるそうです!



■千田ナオキ 役:砂原健佑さん



『千田は「武装戦線」というバイカーチームの一員の役で、狂暴な性格の持ち主です。原作では「狂犬」とまで呼ばれているので、内に秘めた狂暴性を出していけたらな、と思います。』

原作映画ではあまり多く描かれていない千田ナオキ。
深く掘り下げられていない分、自由な発想でキャラクターを作り上げたい、と砂原さんは意気込んでいました!



■桐島ヒロミ 役:籾木芳仁さん



『3年生が多い中、僕は1年生の役だったので、その中でも十分に存在感を出していけたらなと思います。原作の映画、漫画にリスペクトを込めつつも、舞台でやる意味というものも見せたいなと思います。』

これまでの舞台でも、演技力と独特の雰囲気に定評がある籾木さん。今回の公演では1年生の桐島として、どんな存在感を残してくれるのか期待が高まります!



■杉原 誠 役:織部典成さん



『今回、こんな素敵な作品に出演させて頂けてとても光栄です!
どこからどう見ても「杉原 誠」と思ってもらえるように精一杯頑張ります。』

と、最年少らしく健気なコメントをされた織部さん。
杉原 誠のような、ケンカが強く、クールな面を見せられるように、体づくりに日々励んでいるそうです!



■田村 保 役:西原健太さん



『「お前絶対“クローズ”の作風ちゃうやろ!」と、めっちゃツッこまれているのですが…。(笑)
その個性を活かして今回の作品に新しい風を吹き込めるように頑張っていきます。』

舞台版のオリジナルキャラクターとして登場した田村保を演じる西原さん。
他のメンバーと違い、ビジュアルは普通の高校生!
どうクローズの世界をかき乱してくれるのか、とてもワクワクしますね♪



【映画『クローズZERO』で三上豪を演じた、伊﨑央登さんの登場に安井さんが焦る!?】



本公演には映画『クローズZERO』に三上豪 役としてご出演された伊﨑央登さんが、矢崎組の組長・矢崎丈治 役で出演されているのです!

同じ役を演じる安井さんは、伊﨑さんに対して…

安井さん
『顔合わせに別の仕事で参加出来なくて、まだ1度もお会いしたことが無い状態で…もう足ガクガクですよね。同じ役をやらせて頂くのでやっぱり怖いというか、なんというか。』

と、伊﨑さんへの緊張と恐れを明かしたところで、なんと、サプライズで伊﨑央登さんが登場!!!
安井さんの動揺っぷりに会場が笑いに包まれました。

本公演に対して…

伊﨑さん
『僕も唯一原作の映画と舞台どちらも出演するメンバーなので、「舞台になったらどうなるんだろう!」というのを期待して、一緒にやっていきたいなと思います。』
と、意気込みを語るとともに、メンバーに対して「何の気負いもなく、自分なりの演技をやろう!」とアドバイスを送りました。



【迫力満点のアクションシーンに注目!!】

『クローズZERO』の一番の見どころはなんと言っても殺陣(たて)シーン
より完成度の高いものを求めて、メンバーそれぞれが体づくりに力を入れているようです!

松本さん
『殺陣シーンをやるにあたって、体の柔らかさや、しっかりとした体幹が必要になってくるので、皆それぞれ意識して、毎週ジムに通ったり、家で柔軟をしたりしています。
僕も半年以上前から筋トレを始めて、準備をしてきました!
舞台上でリアルな殺陣が出来たらなと思います。』

舞台上でぶつかり合う、衝撃、音、怒号…
映像では感じられないリアルなアクションが舞台の魅力!
鍛錬を詰んだ殺陣シーンは特に注目するべきポイントですね☆


ここで、会場のお客さんからの質問コーナー☆

【“クローズZERO”に因んで“ZERO”にしたいことは??】



千綿さん
『家に帰ると洋服とかを「パッ」って投げちゃうんですけど、それを重ねていくと部屋って汚れていくじゃないですか。それを“ZERO”にしたいですね!』

二葉さん
『僕はなくすんじゃなくて、通帳残高の“ZERO”を増やしたいですね!(笑)』

織部さん
『SNSの投稿をする時によくミスをしてしまうんですよね、それでおバカなイメージがついてしまっているんですけど…。
「手を上げろ」って英語で「put your hands up」って書くじゃないですか。
でも間違えて「push hunds the up」って投稿してしまって、またおバカなイメージがついてしまったのでそれを“ZERO”にしたいです!!(笑)』

3人のとってもお茶目なエピソードに、会場にも笑いが溢れた瞬間でした!




舞台『クローズZERO』
これからの時代を時めく若手俳優・役者が勢揃い
将来のスターがここから生まれる予感がします☆



チケットは販売開始されてすぐに売り切れてしまう程の人気ぶり…!
今後もみなさんの活躍にご期待ください!



【公演概要】



劇団番町ボーイズ☆第10回本公演
舞台『クローズZERO』

《会場》CBGKシブゲキ!!
《日程》2017年11月30(木)〜12月3(日) 全5公演
《原作》映画「クローズZERO」(©2007 高橋ヒロシ/「クローズZERO」製作委員会)
《脚本・演出》山田能龍(山田ジャパン)
《出演者》
滝谷源治 役:松本大志(劇団番町ボーイズ☆)
芹沢多摩雄 役:堂本翔平(劇団番町ボーイズ☆)
戸梶勇次 役:二葉 勇(劇団番町ボーイズ☆)
三上 学 役:千綿勇平(劇団番町ボーイズ☆)
三上 豪 役:安井一真(劇団番町ボーイズ☆)
筒本将治 役:菊池修司(劇団番町ボーイズ☆)
千田ナオキ 役:砂原健佑(劇団番町ボーイズ☆)
桐島ヒロミ 役:籾木芳仁(劇団番町ボーイズ☆)
杉原 誠 役:織部典成(劇団番町ボーイズ☆候補生)
田村 保 役:西原健太(劇団番町ボーイズ☆)

etc…

《チケット》
※大好評につき全公演即完売しています
■前売り券
S席:7500円 A席:5000円 B席:3000円

■当日券
S席:8000円 A席:5500円 B席:3500円
(全席指定・税込)

■販売窓口
イープラス: http://eplus.jp/crows_zero/


《主催》株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

《公式サイト》 http://www.stage-crowszero.com/




■女子高生のためのバイト探しなら「EMMARYバイト by an」!! 

えりんぎ

高校3年生。写真,ファッション,音楽,趣味の幅が広すぎる自由人。 EMMARYを読んでる皆が「かわいい」を発見できる!どこにも無いWebマガジンを発信していきます♪
Twitter:@Eringiemmary