♡読者プレゼントも♡【イトヲカシさんインタビュー♪<後編>】王道J-POPを歌う2人の魅力に迫ります!

今回は<前編>に続きイトヲカシさんへのインタビュー<後編>をお届けします(^^♪

《前編はコチラ》

http://emmary.weban.jp/entertainment/20171108/




——お二人がライブ前に必ず行うルーティーンはありますか?



伊東歌詞太郎さん
『僕はエナジードリンクを飲むこと。モンスターエナジーの緑と白をよく飲みます。』

宮田“レフティ“リョウさん
『モンスターの味が好きなの?』

伊東歌詞太郎さん
『いや、味はそこまで。。ヒレステーキとモンスターなら僕はヒレステーキを選ぶ!!!』

宮田“レフティ“リョウさん
『そりゃそうでしょ!?ジャンルが違いすぎるからね(笑)いわゆる効能を期待して飲んでるの?』

伊東歌詞太郎さん
『そう、効能があると思って飲んでたんだけど、今はただのスイッチになっちゃった。
ライブ前とか取材をする日とか、朝起きてご飯を食べて太陽を浴びて「よし、もうワンスイッチほしいな!」って言う時に飲みます。ちなみに、モンスター飲んでも全然寝るからね(笑)』

宮田“レフティ“リョウさん
『昔は、スイッチ入れる時すごい好きなパワーソングを聴いたり映像を観たりして「俺もこんな風に演奏したい」とか思ったこともあった。
けど、最近はそういうきっかけが無くてもパチンとスイッチが入るようになった気がします。
前やっていたバンドは、靴紐を結んでスイッチを入れていました!でも靴紐がない靴を履いてた場合どうすんだってなって(笑)
今は「どうやってスイッチを入れれば良いんだろう?」って思ったりもするのですが、スイッチはちゃんと入ってるんですよね!ステージに立ったらもう自然と入る。隔たりがなくなってきたのかな。
うん、つまり今はルーティーン的なものはありません!!』

私も自分の”スイッチ”をもっとしっかり探してみようと思います!
自然とスイッチが入っている、
なんていう風になれるといいな〜(*´꒳`*)



——ズバリ、“イトヲカシらしさ“とはなんですか?

伊東歌詞太郎さん・宮田“レフティ“リョウさん
『J-POP!!!!』

伊東歌詞太郎さん
『正直に嘘を付かずに音楽をすることです。…いやでも音楽じゃなくてもそうかな…。これは生き様ですね。』

宮田“レフティ“リョウさん
『イトヲカシらしさ…J-POPかな。J-POPと言われれば思い出すものというか、普遍的なものというか。そういうものを作りたいし表現していきたいなと思います。
だから堂々と“J-POP“って書いておいてください!ジェー、ハイフン、ピーオーピーって堂々とお願いします!(笑)』

自身に満ち溢れていて
ブレないイトヲカシさんのお二人!
自分らしさ、について
とても熱く語ってくださいました(*^o^*)



【ご自身について】

——お二人だから知ってるお互いの“意外なところ“はありますか?



宮田“レフティ“リョウさん
『(伊東歌詞太郎さんは)こう見えてシルバーアクセサリー作りが趣味!』

伊東歌詞太郎さん
『あ~今日持ってきてないのが残念…!
自分で作って身につける、親にあげる、友達にあげる、鑑賞する。とかかな?笑
最近も星のモチーフを調べて作ったりしてます!
自分の願い事を込めたり、石を選んだり…。なんか音楽と一緒で、やればやるほど磨かれていくんですよ。
それが楽しくてどんどん作ってます。もしかしたら音楽が出来なくなる時が来るかもしれないから、そういう時のために何か没頭できる趣味を作らなくちゃいけないなと思っていて。なので、今はもっと上手くなるために作ってます^ ^』

宮田“レフティ“リョウさん
『それは羨ましいな…。俺も何か趣味作りたい(笑)』

伊東歌詞太郎さん
『(宮田“レフティ“リョウさんは)こう見えて意外とお化けが怖い!』

宮田“レフティ“リョウさん
『怖いよ、怖い!
家でもホテルとかでも、絶対にテレビをつけっぱなしじゃないと寝れないんですよ。無音っていうのが無理なんです (笑)
1人になった時に無音な空間っていうのが耐えられない…霊的なものでも霊的なものじゃなくても色々考えちゃうの。でも寝るのはすごい早いですよ(笑)』

伊東歌詞太郎さん
『ライブで一緒にホテル泊まった時に、(宮田“レフティ“リョウさんに)イヤホンで曲を聴かせたんだけど、聴かせてる途中に「今夜差し入れでもらった線香花火やろうぜ」って誘おうとしてたことを思い出したんで、声かけようとしてパッて見たら、もう寝てたんですよ(笑)
本当にギャグだと思いました。バチバチの電気がついてる中でしっかり寝てました。だからこいつ抜きで花火やった!(笑)』

花火の時のことはtwitterにも上げてあるそうです!!!ピンと来た方もいるのでは…!?^ ^



——お二人は高校時代どんな学生でしたか?

伊東歌詞太郎さん
『高校生の頃は仲良し4人組がいて、みんなで旅をするのが好きでした!
学校が終わった後に再集合して、22時くらいから電車で終電ギリギリまで行けるところまで行こうっていうのをやりました。
例えば、東京から小田原とか、千葉県の房総半島の端っことか。そういうところまで行って、始発までその土地を歩いたり探検したりするんです!めちゃくちゃ楽しくて!!
その経験の中で1年間で2回隕石を見ましたね。
ある時、夜光虫を見たくて灯台の下で待ってたんです。そしたら突然灯台の光が一気に緑の光になったんです。
不思議に思って、空を見上げたら、ハリーポッターの緑の魔法みたいな、CGかと思うくらいの光が上から海の中に落ちて…海の中に緑色の光がブワァって広がったんです!
その時は、何が起きたか全然理解できなかったんだけど、半年後くらいにまた同じような光を見た時に、みんなで調べてみたら隕石だってことが分かりました。
すっごいキレイでしたよ。ただ、当たってたら死ぬんですけどね(笑)』

宮田“レフティ“リョウさん
『俺はね、音楽の話を抜くとだけど…家系ラーメンを食べに行く会っていうのがありました!
そんで「ラーメン放浪記」っていうのを書いてました。学校が終わったら仲の良かった3人組で電車に乗って、色んなラーメン屋に行ってラーメン食べてあーだこーだ感想を言って帰るっていう(笑)
その時は、それがすごい楽しかったです!一言で言うと本当にくだらないしバカなんだけど!(笑)
でも、これからもそのバカなままで生きたいです。』

高校生だからこそできることですよね!

お2人とも本当に楽しそうに話してくださったので、聞いている私たちまですごく楽しくなりました^ ^

私たちもJKだからできる、JKでしかできない楽しいことをどんどんやっていきたいなと思いました!!


——最後に、エマリー読者の女子中高生に一言メッセージをお願いします!



『初めまして。イトヲカシと申します。
みなさんのお口に合うような音楽を作れたら嬉しいなと思いつつ、多分あまり曲げることが出来ないアーティストだと思うので、真っ直ぐな音楽を聴いてみてください!と、これが正直な気持ちです。
これをきっかけにイトヲカシを知ってもらえたら嬉しいですし、お口に合ったら幸いです^ ^』


本当に今までにないくらい
楽しいインタビューでした!!!

お二人の音楽に対する真っ直ぐな思いを
間近で聞くことが出来てとっても刺激的でした!

これを機に“イトヲカシ“さんを
もっともっと好きになりました♪♪

ステキな曲ばかりですので、
みなさんもぜひ聴いてみてください(^ ^)/

伊東歌詞太郎さん、宮田“レフティ“リョウさん
本当にありがとうございました♡♡♡

イトヲカシさん公式webサイト
http://itowokashi.jp/



最後に…素敵なプレゼントのお知らせです!

【イトヲカシさんお二人のサイン入りクリアファイル】
3名様にプレゼントしちゃいます!!


■当選人数■
3名様

■応募締切■
11月21日(火)終日

■当選連絡■
11月22日(水)


≪応募方法≫

① JKライター’sとEMMARY公式Twitterをフォロー

(@JK_writers)をフォローする


(@emmary_mag)をフォローする

   ↓
②応募用ツイートをリツイート

リツイートする

   

③応募フォームに入力して応募完了!

応募する



Twitter DMにて当選連絡をします!

みなさんのたくさんの応募、お待ちしております♥




■女子高生のためのバイト探しなら「EMMARYバイト by an」!! 

ちゃんふ〜

高校3年生。座右の銘は『イマを後悔しないように全力で!』 EMMARY読者のみんなが知りたい素敵なトレンドを随時発信していきます♫
Twitter:@emmary_f