【豪華ゲスト登場!EMMARY独占試写会開催決定!】会場が“号キュン”に包まれた!?映画『きょうのキラ君』完成披露試写会レポート♡

累計発行部数230万部を突破!!
『別冊フレンド』(講談社)で連載され中高生の間で大ヒットした漫画
『きょうのキラ君』が待望の映画化!

中川大志さん飯豊まりえさんらが創り出すラブストーリーに思わず号泣ならぬ“号キュン♥”してしまう今季注目の映画です!!

EMMARYではこれまでも“きょうキラ”に注目してきましたが
今回は都内某所で行われた、大盛り上がりの舞台挨拶&完成披露試写会をレポートしちゃいます♡



★ヒロイン役、飯豊まりえさんのインタビュー記事はコチラ⇓
http://emmary.weban.jp/ikemen/20161030/

そして最後には、超豪華な『EMMARY独占試写会』のお知らせもあるので要チェックです★


それではレポートスタート♪


≪あの名シーンでの登場に客席は大興奮!?≫

最初に会場に登場したのは、キラとニノのクラスメイト:矢部和弘役の葉山奨之さんとクールでドSなキラの幼馴染:矢作澪役の平祐奈さん

会場後部から登場するというサプライズに会場は一気に歓声に包まれました♡

お二人が登壇したところで…肝心の中川さんと飯豊さんがいない!!(;゚Д゚)

そこで葉山さん、平さんと会場の全員で「キラ!ニノ!!」と呼ぶと・・・。

会場が暗くなり舞台にかかっていたカーテンに見立てた白幕の後ろから二人の影が…!!!


なんと、“きょうキラ”の名シーン
『カーテンの刑』を舞台上で生再現♥
二人の影がキスしたときには会場が吹き飛ぶほどの「きゃー!!」という悲鳴のような歓声が沸きあがりました!



飯豊さん
『生公開は初めてで、皆さんの前でやるとは思ってなかったのでとても緊張したんですけど皆さんどうでしたか?』
(会場からは大きな拍手が♬)

まさかカーテンの中に引っ張られてキスされちゃうという名シーン、『カーテンの刑』が生で見れるなんて…♡
もう初めから号キュンです♡


――今回の映画でキラ役を演じるにあたっていかがでしたか?

中川さん
『少女漫画の実写化を演じた事がなかったので、初めての経験もいっぱいあったし、絶対に普段言わないようなセリフもあったんですけど…。
「こうしたら見てくれる女の子達がキュンキュンするんじゃないか」や「チューすればいいんじゃない?」「抱きしめたらいいんじゃない?」などと監督にアドバイスをもらいながら撮影を進めていきました。
いっぱい家で一人でつぶやきながら練習してましたね(笑)』

とお茶目なエピソードも(*^^*)
初めての試みに『やったるぞ!』と、いう気持ちで挑んだようですよ☆

川村監督
『原作ものの映画って、とにかくキャスティングがとっても重要なので、この4人がハマらないとこの映画は上手くいかないと思っていました。
でも、この4人で本当に良かったなあと、みなさんにも思っていただけるかと思います。』



――内気で自分に自信がないが、ひたむきで純粋なヒロインのニノ。
そんなニノを演じるにあたって心がけたことはありますか?

飯豊さん
『ニノちゃんは計算するというよりは、一生懸命ぶつかったら気持ちが届くと思うような純粋な女の子なので、すごく真っすぐな気持ちで演じました。
高校生の時に出来なかった青春を“ギュッ”と短期間で経験できました!』

と、笑顔で語っていました!
作品中でニノちゃんが体験する数々の胸キュンや、ニノちゃんの純粋な気持ちに目が離せません!!


――撮影中のムードメーカーはどなたでしたか?

葉山さん
『この中では…。僕なんですよね!(笑)
この現場で一番最年長だったんですけど、今まで最年長っていう現場が無くて。
どうしていいかわからなかったんですけど、この三人(中川さん、飯豊さん、平さん)が仲良すぎるので、僕も勝手にその中に「ヘイヘイヘーイ!」って入っていって(笑)
ずっと撮影の合間は内容の無い会話をずっとしてましたね、ノリと勢いで生きてるので、、、。(笑)

普段からとっても明るくて、周りを笑顔にさせてくれる葉山さん。
だからこそ、矢部という役にもピッタリはまったんでしょうね!
撮影現場での皆さんの仲の良さを感じました☆


――ドSなキャラクターを演じた平さん。
ご自身のイメージと違うキャラクターを演じてみていかがでしたか?

平さん
『ドSな女の子が初挑戦だったので、自分でも凄い難しかったし不安だと感じていました。』

飯豊さん
『プライベートのたいちゃん(平さん)をよく知っているので、どんな感じで来るのかな?って思っていたら本当に澪ちゃんでした!
想像つかなかったけど、まんま、矢作澪だった!!(笑)』

と、飯豊さんは大絶賛。
恥ずかしそうに笑う平さんが、どのようなドSに変貌するのか見ものです☆




≪中川さんがアノ人と“号キュン”シーンを再現!?≫

劇中で起こる数多くの“号キュン”シーンの中から
キラがニノに
「チューしていいスか?」
と、言いキスをするシーンを再現するというコーナー!!

中川さんと、くじで当たったキャストがその場で披露してくれるんです!!

そこで、見事中川さんが引き当てたのは…。
なんと葉山さん( ゚Д゚)!!!!(笑)

会場の大喜びに対し「えっと…。今まで踏み入れたことのない…。」と、苦笑いを浮かべる中川さん…。
一方の葉山さんは「やるしかないですね!」と飯豊さんにアドバイスを受けやる気満々!(笑)

監督のスタートの合図でスタート!

中川さんの「奨之。チューしていいスか?」のセリフに可愛く頷く葉山さん…。

恥ずかしそうに中川さんの胸へと飛び込み、熱いキス……( ゚Д゚)( ゚Д゚)(笑)
会場全体が号キュンと笑いに包まれ、お二人に温かい拍手が送られました(^^)
お二人の貴重なシーンを目の前で見ることができました!(^^)/♡


――最後にこれから映画を観る方にメッセージをお願いします!

川村監督
『ちょうど一年前の二月に撮影をしていたのですが、この四人とスタッフ皆で精一杯、力を合わせてつくってきました。
女子だけでなく、男性が観ても家族で観ても、楽しめる映画になっていると思います。』

中川さん
『この映画を観終わった後に、自分の大切な人の存在を再認識させられるような、あったかい作品になっているのでぜひ楽しみにしていてください!』

胸キュンと感動、そしてどこか温かい気持ちになれる“きょうキラ”是非皆さん劇場に足を運んでみてくださいね♥


■映画『きょうのキラ君』
2月25日(土)より全国ロードショー!
公式HP:http://kirakun.jp/
@2017「きょうのキラ君」製作委員会 ©みきもと凜/講談社
配給:ショウゲート


そして!!
「2月25日の公開が待ちきれない(´-`).。oO」
というEMMARY読者の皆さんに、ここだけのスペシャルなお知らせです!!!!


なんと、
EMMARY制服限定試写会開催決定です!!!!

ただの試写会ではありません…

ななななんと!

矢部役を演じられた葉山奨之さんと、川村泰祐監督ゲストとしてご登場!!

これは行くしかない…(^◇^)




▼▼試写会詳細▼▼
映画『きょうのキラ君』EMMARY制服限定試写会

■日時
2月16日(木) 17:30受付開始/18:00開演 20:30終演

■会場
東京都内
※詳細は当選者にのみご案内いたします。

■ゲスト
葉山奨之さん/川村泰祐監督


■当選人数
ペア24組48名様

■応募締切■
2月12日(日)終日

■当選連絡■
2月13日(月)
Twitter DMにて当選連絡をします!

■注意事項■
※上映後の入場はお断りしています。必ず上映開始前にお越し下さい。
※場内での飲食は固くお断りいたします。
※本試写においてお客様による録画・録音は禁止とさせて頂きます。
※会場までの交通費はご負担下さい。
※当落については当選者のみへの連絡とさせて頂きます。

応募は締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました!

えりんぎ

高校3年生。写真,ファッション,音楽,趣味の幅が広すぎる自由人。 EMMARYを読んでる皆が「かわいい」を発見できる!どこにも無いWebマガジンを発信していきます♪
Twitter:@Eringiemmary