簡単なのに超リアル!ハロウィン”傷メイク”はこう作る♪


出典:http://weheartit.com


10/31といえばハロウィン♪

仮装をして、パーティーやイベントを楽しむ人も多いでしょ?

そこで盛り上がるのが傷メイク
凝ったメイクなどをして目立っちゃいたいですよね!

そんな人のために、簡単にできちゃう傷メイクのやり方教えちゃいます!



≪使うもの≫

・化粧下地
・ゼラチン (なければアイプチでも可)
・お湯
・赤、茶色、黒などのアイシャドウ
・ティッシュ
・グロス
・スプーン


≪やり方≫

①傷メイクをしたい場所を決めて、そこに下地を塗る。
(塗らなくても支障はありませんが、
塗っておいた方が落とすときにメイク落としできれいに落ちます。)

②ゼラチン適量をお湯に溶かして、下地を塗った場所にスプーンなどを使って塗る。

③そこにティッシュを貼り付けて、ファンデーションなどで肌の色になじませる。
(立体的な傷を作りたい場合は、ティッシュを貼る、塗る、を繰り返して分厚くするのもおすすめ!)



④ティッシュの上から赤、黒、茶色などのアイシャドウを重ねて、傷っぽくしていく。



⑤傷のまわりの肌にも赤や青などであざのような跡を作っていく。

⑥傷の部分にグロスを塗り、乾いていない血のように見せたら完成!
(グロスは、血のりの代わりに使用しているので、百均などで血のりを買って使ってみるのもオッケー◎)


≪活用編≫



顔でやるときなどは、口の周りや目の下、目の周りなどにやってみるのも楽しい♪

白コンなどを使ってみるとよりリアルに見えるよ!



どうでしたか???

ハロウィンはもう仮装だけじゃ物足りないですよね!

傷メイクは怖いっていわれてなんぼ!
色々アレンジして自分だけのハロウィンを楽しみましょ♪

まな

高校1年生。メイクとモデルさんが好き。 自分らしい記事をたくさん書きたいです(^・ェ・^)
Twitter:@mana___writer